介護

煩わしい手続きは介護保険請求ソフトを利用するのが便利

国保連への介護給付費請求

老人

介護給付費の請求事務

介護保険事業では、利用者の自己負担もありますが、それ以外の部分は介護保険給付費として保険者から支払われます。このとき、保険者つまり市町村から支払われる介護給付費の請求のためのソフトが、国保連中央介護伝送ソフトです。この国保連中央介護伝送ソフトは、介護保険事業所や受け付ける国保連すなわち国民健康保険団体連合会における事務作業を軽減させる役割も持っています。かつてはこの請求に関することは、この国保連中央介護伝送ソフトと紙ベースとを選べる時代もありました。現在では、原則としてこのソフトの利用が必要になってきています。事業所も国保連も双方にとってメリットがあることであり、今後も多くの事業所が利用を続けるものです。

請求誤り等のミスを減らす

介護給付費では様々な情報が必要です。利用者の住所や氏名さらに年齢や介護保険に関する情報なども求められます。このとき、紙での請求になってしまうと、すべてを人間の目で確認しなければなりません。ところが、国保連中央介護伝送ソフトの場合には、電算でのやりとりになりますから簡単なミスについてはすべて電算上で弾くことが可能になっていきます。それだけ事業所も国保連も省力化に繋がるわけです。事業所もこの国保連中央介護伝送ソフトを利用するに当たり、正しく入力が出来ているかどうかのチェックを電算上で行えるメリットがあります。国保連も事業所も事務作業の効率化に繋がるものであり、介護という本来の業務に集中出来るようになっています。

Copyright©2015 煩わしい手続きは介護保険請求ソフトを利用するのが便利 All Rights Reserved.